基礎代謝を上げる

痩せるためには、運動するのが一番であることは既に触れました。
運動することでエネルギーを消費できるということはだれもが知っていることです。

ダイエットについて考えるとき、必ず出てくるのが基礎代謝という言葉。
運動もまた代謝を活発化させる活動のひとつですが、
運動している間だけ、代謝が活発になるというだけで、
これはある意味で一時的なものです。

基礎代謝とは、運動していないときなど、普段体が生命を維持するために
エネルギーを消費していることをいい、この基礎代謝を上げることで、
現在よりも痩せやすい身体へと導くことができます。

痩せやすい体へと導く

人間の体は体温を維持するだけでも、エネルギーを消費します。
これが基礎代謝であり夏などの気温が高い時期には、
基礎代謝が低くなるため、太りやすくなることもあります。
つまり季節によっても変動するわけですね。

そして、年齢を重ねることでも基礎代謝は低くなってゆきます。
年をとると太りやすくなるというのもこのためです。
若い頃は沢山食べても太ることがなかったという人でも、
ある程度の年齢になると、同じだけ食べていたら太ってしまうことが普通です。

基礎代謝を上げるためには、体内の筋肉量を増やすことが効果的であるといわれています。
そういった意味では、継続的に運動を続けることで筋肉を維持できますから、
運動によって代謝を上げることは、一時的なものだけではないともいえます。

結果として体脂肪率を減らすことに

体内における筋肉の割合を増やすということは、
結果として体脂肪率を下げるということにも繋がります。

肥満の指標として、よく体脂肪率が用いられるのは、
こういった理由があるからだということですね。

このごろなんか太ったかな?
などと思う場合は、こういったことを考え合わせて、
まずは自宅でも簡単にできる運動、筋トレなどを始めてみてはいかがでしょうか。