脂肪燃焼には有酸素運動

痩せるにはやっぱり運動という話はしましたが、漠然と運動といっても
何をすればいいの?なんて思ってしまう方もいるかと思います。

まず、現状で体についてしまった脂肪を減らしたい
つまり落としたいという場合には、有酸素運動が効果的です。
有酸素運動とは、簡単にいえば酸素を沢山取り込みながらの運動です。
マラソンなんかをする時に、息を吸って吐いてというリズムをつくりながら、
同時に足を動かすあの感じを想像するとわかりやすいでしょうか。

比較的簡単にできる有酸素運動は、ジョギングやウォーキングがありますね。
ジョギングとなると走るの苦手なんだよなって人は敬遠しがちですが、
ウォーキングでもある程度の時間続ければ、脂肪を燃焼することができます。

ある程度の時間継続する

有酸素運動によって、脂肪を燃焼するには20分程度運動を続けると、
脂肪が燃焼し始めるとも言われていますが、
これにも8分程度で燃焼するという説もあったりします。

例えば誰もが20分1秒から、きっちり脂肪燃焼が始まるってわけじゃないですから、
これも人によって個人差があったり、運動によってに違いがあって、
おおよその目安としては8分~20分以上継続すれば、
燃焼するかも?と覚えておくとよいでしょう。

最寄駅まで徒歩10分のところに住んでいる場合なら、
通勤の時などに、ちょっと早歩きで呼吸を意識しながら
ウォーキングの時間に充てるだけでも効果が期待できる場合もあるわけです。

筋トレで筋肉をつける

筋トレといっても、ボディビルの人のようにムキムキになる必要はありません。
それまで脂肪だったところを、ちょっとだけ筋肉質にするだけでも、
体全体に占める筋肉の割合を増やすことになるので、基礎代謝はアップします。

家でテレビを見ながらでも簡単にできるのが腹筋ですね。
最初から上半身を起こすやり方だと、負担も大きく続けにくいので、
まずは、足上げ腹筋などを短時間から始めるのもよいのではないかと思います。